未分類

OP考

素朴な疑問。

shingo
なぜ日本ドラマは妙に長~いオープニングとエンディングがあるのでしょうか?

個人的には米ドラマみたいにおしゃれで短いOPとEDにして、続編になってもOPを変更せずに統一してるのが好きです。
日本の場合はやはりOPとED自体が楽曲プロモーションを兼ねているからなのかなぁ。

最近ハマったドラマは次の2作品。

『レイズド・バイ・ウルブス / 神なき惑星』※
(エイリアンで有名な)リドリー・スコット製作総指揮!
あまりに強烈な内容過ぎて、筆舌に尽くしがたい作品です。

『フライト・アテンダント』※
「ビッグバン★セオリー」のケイリー・クオコ主演。
パーティー好きの客室乗務員キャシー(クオコ)がある乗客と一夜を共にするが、目覚めると隣に…。
ブラックなコメディー要素ありのスタイリッシュ・サスペンス。

めちゃめちゃ面白かったし、OPも超かっこよかった。
両作品ともにセカンドシーズンを製作中とのこと。
シーズンが変わってもOPは変わらないでしょう。
ああ、日本のクリエーターにもこんな感じで作って欲しいなぁ。
日本の作品で思い出すカッコ良いOPは、
古いところではアニメ『ジャングル大帝』
ちょっと古いところではドラマ『トリック』
新しいところではアニメ『オッドタクシー』かな。
特にジャングル大帝OPはカッコいいですよね。
私が生まれるよりもずっと前の作品なので再放送だったのは間違いないのですが、OPをみるたびに心が震えた記憶があります。
映像と共に雄大な大地を感じさせる平野忠彦氏のバリトンボイス。

shingo
最初に感動したバリトンの声でした。

それでは、良い歌を!

※上記ドラマはU-NEXTで独占配信中。

-未分類

© 2022 OPERANAUT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。