オペラノート

日本国内では演奏される機会が少ないレアなクラシック音楽作品を中心にとりあげて演奏する音楽家グループ。オペラノート(Operanaut)はオペラ(Opera)と宇宙飛行士(Astronaut)を合わせた造語。綺羅星の如くあるまだ見ぬ名作オペラの海に挑むオペラ歌手をイメージしている。代表はオペラ歌手でバリトンの須藤慎吾。

これまでの活動は

  • オッフェンバック「ホフマン物語」を五反田ホール(東京)と宗次ホール(名古屋)
  • デュパルク歌曲を全曲演奏。王子ホール(東京・銀座)

 

© 2021 OPERANAUT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。