プロフィール

須藤 慎吾〈バリトン〉   
和歌山県田辺市出身。国立音楽大学卒業、同大学院修了。伯田好史、田島好一、ロレンツォ・サッコマーニの諸氏に師事。第37回イタリア声楽コンコルソシエナ大賞、第42回日伊声楽コンコルソ第1位ならびに歌曲賞、オルヴィエート国際オペラコンクール2位(イタリア)、その他国内外のコンクールに入賞。「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロールでオペラデビュー。1999年渡伊、バリトン歌手L.サッコマーニ氏の下で研鑽を積む傍ら、イタリア各地の劇場に出演し、好評を博す。特にヴェルディ作品における歌唱が高く評価される。2006年帰国、藤原歌劇団に入団。藤原歌劇団をはじめ新国立劇場にプリモバリトンとして次々と出演し、いずれも高い評価を得る。イタリア・オペラ以外の分野では、「フィデリオ」ドン・ピツァロ、「こうもり」ファルケ、「第九」、「カルミナ・ブラーナ」、「レクイエム」(ヴェルディ作曲)、「ロ短調ミサ」(バッハ作曲)、NHKニューイヤーオペラコンサート、サッカー国際試合における国歌独唱等にも出演、さらに活躍の場を広げている。”ヴォーチェ・デル・レオーネ(Voce del leone=ライオンの声)”と称される日本人ばなれした豊かな声量と表現力、役の内面までを深く掘り下げた細やかな舞台演技によって、多くのファンを魅了している。ソニーミュージックよりソロアルバム「アリエ~オペラアリア集~」、「ドゥエッティ」、「テルツェッティ」他、CD好評発売中。近年はフランスオペラの研究と後進の指導にも力を注いでいる。国立音楽大学非常勤講師、藤原歌劇団団員。

レパートリー

スケジュール

© 2021 OPERANAUT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。